音楽理論

記譜

楽譜ナビゲーション〜連桁

連桁(れんこう)とは 8分音符より細かい音符が連続する場合に、符鉤(つまり旗)の付いた形で記譜する代わりに、横棒で音符をつないだ形態の横棒を「連桁」と呼びます。 beamsder balkenligatures ...
記譜

楽譜ナビゲーション〜付点休符

付点休符の種類 付点全休符dotted whole restdie punktierte ganze Pause付点二分休符dotted half restdie punktierte Halbepause付点四分休符dotted ...
記譜

楽譜ナビゲーション〜付点音符

付点の種類 付点dotder Verlängerungspunktle point複付点、二重付点double dotdie Doppelpunktle double point三重付点 付点の音価 付点全音符die p...
記譜

楽譜ナビゲーション〜テヌート

テヌート tenutogehaltenle tiret テヌート記号は音価をギリギリ満たす長さで奏することを意味します。 複合形 「テヌート記号」はアクセント記号とのみ、同時に用いられます。...
記譜

楽譜ナビゲーション〜スタッカート

スタッカート staccatodas Staccato / die Staccatile point スタッカートは「・」で示される記号で、記されている音価より短く奏することを指示しています。「音価を半分にする」という...
記譜

楽譜ナビゲーション〜強度記号

音にアクセントを与えるための指示記号は、付近の音から、当該の音を際立たせるために用いられます。たいていは、楽句の重要な個所と一致し、緊張と弛緩を生み出す重要な要素となります。 アクセント アクセントaccentder ...
記譜

楽譜ナビゲーション〜アルペッジョ

基本的なルール アルペッジョは、矢印がない場合は、一番下の音から始めて、順番に音を積み重ねていきます。 矢印が上向きになっているので、やはり一番下の音から始めます。 矢印が下向きにな...
記譜

楽譜ナビゲーション〜臨時記号

臨時記号の種類 臨時記号は、 変位記号シャープ:嬰記号、sharp、das Kreuz / die Kreuze、le dièseフラット:変記号、flat、das B / die Bs、le bémol本位記号:ナチュラル、...
和音

副属和音(Secondary Dominant)②

ツー・ファイブ  ダイアトニックの和音進行では、より調性感を確立するために「ツー・ファイブ」進行が頻繁に用いられます。「ツー・ファイブ」とは、「II-V」つまり音階上のII度の和音からV度の和音への進行です。ルート・モーションが完...
和音

副属和音(Secondary Dominant)①

音階固有和音と借用和音  調性音楽において和音(コード)は、大きく分けて3つ種類に分けられます。各調(キー)固有の音階音のみを使う固有和音、その構成音の一部を変化させた変化(変位)和音、非和声音が混じることで生まれる偶成和音の3つ...