コード進行

コード進行

ソプラノ定型;Mi → Fa → Mi

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

ソプラノ定型;Fa → Sol → La

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

ソプラノ定型;La → Sol → Fa

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

ソプラノ定型;Fa → Mi → Fa

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

ソプラノ定型;Do → Re → Mi

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

ソプラノ定型;Mi → Re →Do

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してくださ...
コード進行

クリシェ “Cliche”

同一和音が連続する時に、一つの声部だけ変化させる手法。"cliché"とはフランス語で「紋切り型」という意味。 メジャー・コードのクリシェの例 マイナー・コードでのクリシェの例 ...
コード進行

終止形〜偽終止

偽終止は、ドミナント(V7)からトニック(I)へ終止する代わりに、トニックの代理コードへ進むコード進行を指します。 メジャー・キーの偽終止 ...
コード進行

終止形〜サブドミナント終止

通常のカデンツ(終止形)は「ドミナント→トニック」」が定型となっていますが、「サブドミナント→トニック」という形も可能です。ドミナントの解決による十分な終止感は得られません。完全終止の後にこのサブドミナント終止を付け加えて、余韻を残す手法...
コード進行

終止形〜ドミナント終止

コード進行がトニックで終わる形を、終止形(カデンツ)と呼びますが、そのうちでD→Tという組み合わせがもっとも終止感が強力です。これをドミナント終止と呼びます。基本的にドミナントにセブンス・コードを用いますが、ルート音がトニック・コードへ完...