ドミナント・セブンスのテンション[G♭7]

テンション

G♭7で用いられるテンション・ノート

G♭7の構成音とテンションノート6種類、アボイドノート
  • 青色で示された音が「テンション・ノート」です。
  • 赤色で塗られた音符は基本的に用いられません。

G♭7で可能なテンション・コード一覧(調号なし)

ここで示した音符の組み合わせは一例に過ぎません。お互いに半音でぶつからない組み合わせのみを呈示していますが、あえてぶつかる配置が使われることもあります。もっとも不協和に響くのは「短9度(増8度)」です。

変化記号は、それぞれのコードにのみ有効です

G♭7〈1種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが1種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール

G♭7〈2種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが2種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール

G♭7〈3種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが3種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール

G♭7〈4種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが4種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール

G♭7で可能なテンション・コード一覧(調号あり)

ここではメジャー・キーのドミナント・セブンスとしての表示をしていますが、同主短調においてもテンション・ノート及び表記は変わりません。

G♭7〈1種類のテンション〉

G♭7〈2種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが2種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール(調号付き表示)

G♭7〈3種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが3種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール(調号付き表示)

G♭7〈4種類のテンション〉

G♭7のテンション・コードで、テンション・ノートが4種類のものの一覧と同等コード、使用可能なコードスケール(調号付き表示)

可能なコードスケール

テンションのトップに戻る

コメント