Notion6 Chord(和音)関係

Notion

コードネームの入力

リードシートやリズムギター等で、譜面にコード記号を表示したい時は、次の手順で入力します。

  1. ツールバーの「コード入力」ボタンをクリックして、「コードライブラリ」を表示しておきます。
  2. 入力パレットのコード記号をクリックするか、ショートカット〈 Shift + R 〉を入力します。
  3. ミュージックカーソルが「コード」に変わります。
  4. カーソルを、コードを表示したい位置へ置き、クリックします。
  5. テキストボックスが開きます。
  6. 「コードライブラリ」で必要な記号をクリックすると、テキストボックスにコードネームが表示されます。
  7. 次の入力場所をクリックすると、コードネームが確定され、新たなボックスが表示されます。
  8. この手順を必要なだけ繰り返し、「エスケープキー」を押して終了します。
コードライブラリ

コードネームの詳細は後述の表を参照してください。

ギター編

コード・ダイアグラムの表示

どんなコードでも何通りもの運指法があり、音楽の文脈の中での音の動きや指の動きに応じて優劣が決まります。これを可視化するために「ダイアグラム」が用いられます。「ダイアグラム」は指板を模したもので(つまり仮想フレットボードと同じように)、線と丸印で運指を表示します。

「ダイアグラム」は演奏者のための情報で、notionの再生とは無関係です。

  1. 編集モードにします。
  2. ツールバーの「コードライブラリ」ボタンをクリックします。
  3. スコアエリアの下部に「コードライブラリ」が表示されます。一番初めに開くと「Cメジャーキー(ハ長調)」ベースの一覧が表示されますが、2回目以降は、直近のコードに基づいた一覧に変わります。
コードライブラリ
  1. コードネームを作成します。
    1. コードのルート(根音)を左端のボックスから選びます。必要であれば「シャープ」や「フラット」も選択します。
    2. 左端2番目のボックスから、コードの種類を選びます(下表参)。
    3. もし希望のコードがこれで完成しないのであれば、これらの基本和音に3番目のボックスにある数字を付加していきます。ここにあるのは、テンション音やコード構成音の変化音です。
    4. こうした不加音を解除するには、選択された(ハイライトされている)数字をもう一度クリックします。
    5. 転回形(根音以外が最低音に置かれる)を示すには、「ベース音:」から必要な音をクリックします。
  2. こうして完成された右端のダイアグラムには、何種類かの選択肢が表示されます。ここから最適なものを選ぶ必要があります。コードの響き方を考慮することも必要ですが、重要なのは、実際の運指が前後の運指とスムーズにつながるかどうかです。この選択は、ギターの経験がないと難しいかもしれません。下手に演奏者を混乱させるくらいであれば、コードネーム表示をしたほうが賢明でしょう。
  3. 選択した「ダイアログ」をクリックすると、ミュージックカーソルに表示されます。それを好きな場所に位置させ、クリックするか「エンターキー」を押して表示を確定させます。
コードシンボル読み方構成音
Cメジャー・トライアドC E G
CセブンスC E G Bb
Cメジャー・セブンスC E G B
Cマイナー・トライアドC Eb G
Cマイナー・セブンスC Eb G Bb
Cディミニッシュ
Cハーフ・ディミニッシュ
Cマイナー・フィフス
C Eb Gb
Cディミニッシュ・セブンスC Eb Gb Bb
Cサス・フォーC F G
Cサス・ツーC D G

コード・ダイアグラムの変更

他の記号類と同様、入力済みのダイアグラムを削除して、新たに入力することができます。けれども別の方法もあります。たとえ既存のダイアグラムをダブルクリックしても、変更できるのはコード記号のみで、運指は変えられません。下記のように、フレットボードを用いるか、コード・ライブラリで運指を変えるしかないのです。

フレットボードを用いる変更

この方法を使えば、既存の運指を簡単に変えられますし、コード名も変えられます。

  1. フレットボードを表示させます。
  2. 譜面上のコード・ダイアグラムをクリックすると、オレンジ色に変わり、フレットボード上に運指が表示されます。
  3. フレットボードの運指を変えると、ダイアグラムも自動的に変更されます。
  4. ダイアグラムをダブルクリックすると、コード記号を変更できるボックスが現れます。
  5. どこか違うところをクリックすると、確定され、ダイアグラムは黒色に戻ります。

コード・ライブラリを用いた変更

  1. 既存のコード・ダイアグラムをクリックしてオレンジ色に変化させます。
  2. ショートカット〈 Shift + CCC 〉を入力します。
  3. コード・ライブラリのダイアグラム欄に現在の「ダイアグラム」が表示されます。今のところ、カーソルの状態は無視してください。
  4. コード・ライブラリで必要な変更(種類や付加音やベース音など)をクリックします。ダイアグラムも自動的に変化します。
  5. その中から必要なダイアグラムをクリックし、必要なダイアグラムをクリックし、「エンターキー」を押して確定させます。

この変更作業で選択したダイアグラムがうまく反映されないことが多々ありますので、フレットボードを使うことをお勧めします。

コード・ダイアグラムの削除

消去したいコード・ダイアグラムをクリック、オレンジ色に変え、「デリートキー」を押すか、メニューバーの[編集] – [削除]を選びます。

最近使用したコードの表示

コード・ライブラリの右端にある「時計マーク」をクリックすると、最近使用したコードの一覧が表示されます。これらをクリックしてもミュージックカーソルとして使用できます。

コード・ダイアグラムの整列

コード・ダイアログを水平位置で揃えたい場合は、各々を「シフトキー」を押しながらクリックして選択し、右クリックメニューの[和音 >] – [和音を揃える]を選択します。

目次に戻る

コメント