notion6 ファイル操作

Notion

プログラムを開く

プログラムを立ち上げると、下図の画面が現れます。

オープニング画面;新規スコア、開く、インポート、最近使用、テンプレート

この画面は、プログラムを立ち上げた時のみ表示されます。左腕に立ち上げた状態で新規ファイルを作るには「新規ファイルの追加」の項をご覧ください。

新規スコア

「新規スコア」をクリックすると、スコア」をクリックすると、「スコアセットアップ画面」へ移行します。そこでは、さまざまな楽器を好きに組み合わせた譜面を作成することができます。

ファイルを開く

「開く」をクリックすると、デバイスに保存されているフォルダを開く画面になります。どのフォルダが開かれるかは、デバイスや環境によって異なります。「開く」で可能なファイルは notion で作成した楽譜「”〇〇.notion”」のみになります(拡張子が”.notion”)。

インポート

「インポート」をクリックすると、やはり何らかのフォルダが開かれます。インポートで開けるファイルは、拡張子が「.xml」か「.midi」のものに限られます。

「.xml」の拡張子がついたファイルは、MusicXML形式で保存されたデータです。「.midi」の拡張子がついたファイルは、midi規格に沿って保存されたデータです。たとえ他のソフトで作成されたデータであっても、この2つの規格に沿ったものであれば、notionで操作することができます。

最近使用

このスペースには、最近 notionで作成・編集したファイルが示されます。

テンプレート

時間と労力を節約するために、notion では以下の「テンプレート(雛形)」を提供しています。これらのテンプレートでは、パートの増減、順序の入れ替えが自由に行えます。

  • フル・オーケストラ:ピッコロ、フルート×2、オーボエ×2、イングリッシュ・ホルン、ピッコロ・クラリネット、クラリネット×2、バス・クラリネット、バスーン×2、コントラ・バスーン、ホルン×4、トランペット×2、トロンボーン×2、バス・トロンボーン、チューバ、ティンパニ、小太鼓、大太鼓、シンバル、弦楽パート
  • 室内オーケストラ:フルート、オーボエ、クラリネット、バスーン、ホルン×2、トランペット、トロンボーン、チューバ、ティンパニ、小太鼓、シンバル、ピアノ、弦楽パート
  • 弦楽オーケストラ:ヴァイオリンI & II、ヴィオラ、チェロ、コントラバス(各パート複数)
  • ビッグ・バンド:アルト・サックス×3、テナー・サックス×3、バリトン・サックス、トランペット×4、トロンボーン×3、バス・トロンボーン、ピアノ、エレキギター*、エレキベース*、ドラムセット(*のサウンドは購入が必要?)
  • ジャズ・コンボ:テナー・サックス、トランペット、ピアノ、エレキギター*、ドラムセット、ベース
  • (*のサウンドは購入が必要?)
  • リードシート:単一の高音部譜表(ジャズ・フォント)
  • SATB:混声合唱(ソプラノ、アルト、テノール、バス)、ピアノ
  • 弦楽四重奏:ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ
  • 吹奏五重奏:フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、バスーン
  • 金管五重奏:トランペット×2、ホルン、トロンボーン、チューバ

新規スコア

オープニング画面で「新規スコア」をクリックすると、スコアエリアに下図のパレットが表示されます。この画面は、入力中でも、編集中でもいつでも呼び出すことができます()。

基本、弦楽器、木管楽器、サクソフォン、金管楽器、ギター/ベース、キーボード/ハープ、ドラム/シンバル、音高のある打楽器、その他の打楽器、サウンドエフェクト、ボーカル、notion楽器、VST音源、VSTプリセット、Rewire MIDI、外部MIDI

上下2段のうち、新規スコアの作成には、上段のみを用います。各項目にカーソルを重ねると、下図のように選択肢が表示されます。それらのいずれかをクリックします。さまざまな楽器が表示されますが、音が鳴るのは太字で表示された楽器だけです。もしそれ以外の楽器を鳴らしたければ「拡張音源」を別途購入しなければなりません(ツールバーの[notion]-[Expansion Soundsを購入…]をクリックしてサイトへ移動)。

金管楽器:ホルン、トランペット、ピッコロドランペット、コルネット、フリューゲルホルン、ソプラノトランペット、バストランペット、トロンボーン、バストロンボーン、アルトトロンボーン、トランペット(ジャズ)、トランペット2(ジャズ)、ユーフォニウム、ホルンセクション、トランペットセクション、トロンボーンセクション、チューバ、ワーグナーチューバ、トロンボーン(ジャズ)、バストロンボーン(ジャズ)

例えば「キーボード/ハープ」で表示される「ピアノ」をクリックすると、図のように五線譜が表示されます。

スコアセットアップ〜ピアノ

パートはいくつでも増やすことができます。こんな感じです。

スコアセットアップ〜ジャズ・ソプラノ・サックス、ジャズ・テナー・サックス、ジャズ・トランペット、ピアノ

パートの詳細設定

各パートの左側に表示されている3種のボタンで、各パートの基本設定をすることができます。

コントロールボタン、デリートボタン、表示/非表示ボタン
コントロール・ボタンパート名の表示方法や移調楽器の表示法などを設定できます。
デリート・ボタン不要なパートを削除するために使います。
表示/非表示ボタンスコア編集画面で非表示にしたい時はクリックします(白色に変わります)。これはいつでも変更できます。

コントロールボタン

このボタンをクリックすると、「譜表設定ボックス」が開きます。

譜表設定ボックス;楽器、記譜/タブ

「譜表/タブ」の画面で、

  • 「譜表:」:譜表の種類を設定できます。
    • 「標準記譜を表示」:通常の五線譜のみを表示します。
    • 「タブ譜を表示」:タブ譜のみを表示します。
    • 「どちらも表示」:タブ譜と五線譜の両方を表示します。
    • 「大譜表(ピアノ)」:ピアノ譜を表示します。
    • 「ドラムセット」:ドラムセット用の五線譜を表示します。
    • 「パーカッション」:打楽器用の1本線の譜表を表示します。
  • 「移調」:移調楽器の設定を行えます。
    • 最初のドロップダウンリストでは、移調楽器の種類を選択できます。C調楽器では変更する必要はありませんが、たとえばクラリネットではデフォルトで「B♭」になっています。しかし場合によっては「A」や「E♭」のクラリネットを使う必要が生じるかもしれません。その時には、ここで設定することができます。
    • 2・3番目のドロップダウンリストでは、オクターブ移調楽器の設定ができます。たとえば「ピッコロ」の実音は記譜音よりも1オクターブ高いので、デフォルトでは「1オクターブ」「高く」の設定になっています。ギターの実音は記譜音よりも1オクターブ低いので、デフォルトでは「1オクターブ」「低く」となっています。
  • [OK]をクリックするか、「エンターキー」を押すと、「スコアセットアップ」画面に戻ります。

パートの並び順

各パートをどういう順番で重ねるかは自由に設定できます。

  1. 移動したいパートにカーソルを合わせます。そのパートが青色の帯で覆われます。
  2. クリックして、上下にドラッグします。五線と五線の間に「⨁」記号が表示されますので、移動したい場所の「⨁」でマウスを離します。
  3. 選択したパートが移動されました。

目的のパートが揃ったら画面上部にある「スコアセットアップを終了」ボタンをクリックします。

新規ファイルの追加

notionでは、同時にいくつものファイルを操作することができます。もし新たなファイル(プロジェクト)を作るか編集する必要が生じたら、メニューバーの[ファイル]から[新規]〈Win : Ctrl + N / Mac : ⌘ + N 〉、または[テンプレートから新規作成 >]、または[開く]〈Win : Ctrl + O / Mac : ⌘ + O 〉、[最近使用したファイルを開く >]、または[インポート]〈 Win : Shift + Ctrl + N / Mac : Shift + ⌘ + N 〉を選びます。

それぞれの画面は画面上部の隅にあるボタンをクリックするか、Win : Ctrl + M / Mac : ⌘ + M 〉でしまっておくことができます。

ファイルの保存

notionには自動保存機能がないので小まめにファイルを保存することをお勧めします。新規ファイルを作成した時点で、最初の保存を実行しましょう。メニューバーの[ファイル] – [保存]をクリックするか、ショートカットで〈Win : Ctrl + S / Mac : ⌘ + S 〉を入力します。

別名で保存

すでに保存済みのファイルに変更を加えて、名前を変えて保存する。もしくは同じファイルを別の場所にも保存しておきたい時などは、「別名で保存」を実行します。メニューバーの[ファイル] – [別名で保存]を選ぶか、ショートカット〈Win : Shift + Ctrl + S / Mac : Shift + ⌘ + S 〉を使います。

復帰

最後に保存してからのちに行った作業をすべて取り消して、保存した状態に戻したい時は、「元に戻す」を何度も繰り返すよりも、「復帰」メニューを行ったほうが確実で時間が無駄になりません。メニューバーの[ファイル] – [復帰]を選びます。

別形式のファイル保存

通常、ファイルは 「notionファイル」として保存されます。これ以外の形式で保存するには「エクスポート」を使用します。可能な形式は、「MusicXMLファイル」と「MIDIファイル」です。

MusicXML

「MusicXML」は、各記譜ソフトが共通にデータを扱えるようにした統一規格の一つで、主要ソフトはほとんどがこの規格に対応しています。 メニューバーの[ファイル] – [MusicXMLをエクスポート]を選択します。notionでのファイル名がデフォルトで表示されますが、変更も可能です。

MusicXML保存ダイアログボックス

MIDI

MIDIは音楽の演奏情報をデータ化し電子機器やパソコンで演奏できるようにした情報処理を世界共通で使えるよう規格化されたものです。楽譜データとは発想が異なり、かつては別々の領域でした。しかし楽譜データの電子化に伴い、両者の壁は取り払われつつあります。

MIDIデータとして保存するには、メニューバーの [ファイル] – [MIDIをエクスポート]で行います。現れるダイアログボックスの扱い方は、拡張子のみが異なるだけで、前項と変わりありません。

オーディオファイル

オーディオファイルとして保存するには、単に楽譜の情報だけでなく、ミキシングやその他細かい調整が必要になります。もちろん何の手を加えなくても notionの再生能力によって一応のものは作れますが、聴取に耐えるクオリティーを求めるために、「楽譜作成マニュアル」とは別にトピックを立てて解説したいと思います。

iOSとの統合

iPhone/iPadにインストールされているnotionへファイル転送するには、

  1. 通常のファイル保存します。
  2. iPhone/ iPadにファイル転送する方法はいくつかあります。
    • Eメールに添付して送付
    • iTunes経由で転送
    • Dropboxに保存する
    • iCloudに保存する
    • AirDropで転送する

iPhone/ iPadから転送する方法は、iOSのマニュアルを参照してください。

notionの終了

開いているファイルは、個別に終了させることができます。メニューバーの[ファイル] – [閉じる]を選ぶか、ショートカット〈 Win : Ctrl + W / Mac : ⌘ + W >を使うか、ウィンドウ上隅のをクリックします。 閉じられる前に、そのファイルを保存するかどうか確認のダイアログボックスが現れますので、「保存」をクリックするか、「保存」をクリックするか、「保存しない」(つまり、前回からの変更は無視する、あるいはファイル自体を破棄する)か「キャンセル」(閉じることやめる)を選びます。

書類"〇〇に加えた変更を保存しますか?保存しないと、変更内容は失われます。"保存、保村しない、キャンセル

notionプログラム自体を終了させるには、メニューバーの[notion] – [終了]を選ぶか、ショートカット〈 Win : Ctrl + Q / Mac : ⌘ + Q >を使います。プログラムが終了される前に、開いているすべてのファイルについて上図の確認ダイアログボックスが現れます。必要な指示を終わらせない限り、プログラムは終了しません。

目次に戻る

コメント