楽譜ナビゲーション〜セクションの反復等に関する指示

記譜

反復記号

カッコ
brackets
die Klammer, die Klammern
der Kasten, die Kästen
反復時に演奏すべき小節を指示
ダ・カーポ
da capo
曲の頭に戻れ
ダル・セーニョ
dal segno
セーニョ記号のところへ戻れ
セーニョ記号
segno
D.S.の戻り先
コーダへ進め
コーダ記号
coda
ここから「コーダ」
フィーネ
fine
ここで演奏を終了

実際の使用例

[1][2][3]→[4][5][6][7]→[4][5][6][7]→[8][9][10]

  • もっとも単純なリピート指示です。リピート記号に囲まれた、「4」小節から「7」小節を2回演奏します。

[1][2][3][4]→[1][2][3]→[5][6][7][8][9][10]

  • リピートする場合でも、最後の1小節、もしくはそれ以上の小節を繰り返さずに、次のセクションに進む場合には、カッコで区別を表示します。歌曲などで、2番、3番の歌詞がある時は、カッコの数字が複数になる場合もあります。たとえば次の譜例では、

3回リピートしてから、次のカッコの小節に進みます。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]

  • 「ダ・カーポ」はイタリア語です。”da”は英語の”from”と同じ意味の前置詞です。”capo”は「頭、先端」を意味します。従って、「D.C.」まで進んだら、曲の頭に戻ります。この譜例のように「D.C.」単独で使われることは稀で(それならばリピート記号で足りるので)、他の略語と組み合わせて用いられます。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[6][7][8][9][10]

  • 「ダル・セーニョ」の”dall'”は”from the”同義です。先述の”da”と定冠詞が結合した形です。”Segno”は「記号」という意味で、「6小節」に示されている「記号」を指しています。現在ではこの記号しか使われていません。先頭に戻らずに、記号のある小節に戻って繰り返します。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[1][2][3][4][5]

  • “al”は「a + l」結合形で、”a”は英語の”at in, to”などに相当します。”fine”は「終わり」という意味ですから、上例ですと「頭に戻って繰り返し、”Fine”で終わる」という指示になります。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[3][4][5]

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[1][2][3][4][5]→[11][12]

  • “Coda”とはイタリア語で「しっぽ」。つまり、末端の、結びの部分です。ただしポピュラー系の楽譜では紙面を節約するために「Coda1」「Coda2」など複数のコード部を持つものも見られます。

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]→[3][4][5]→[11][12]

[1][2][3][4][5][6]→[1][2][3][4][5]→[7][8][9][10]→[3][4][5]→[11][12]

コメント