楽譜ナビゲーション〜アルペッジョ

記譜

基本的なルール

アルペッジョは、矢印がない場合は、一番下の音から始めて、順番に音を積み重ねていきます。

矢印が上向きになっているので、やはり一番下の音から始めます。

矢印が下向きになっているので、一番上の音から始めて、順に音を積み重ねていきます。

鍵盤楽器やハープでは、低音部譜表の一番下の音から始めて、順に、高音部譜表の最高音まで積み重ねていきます。

高音部譜表と低音部譜表のアルペッジョ記号が途切れている場合は、アルペッジョが2声部で同時に行われます。

ハープで記譜

ブラケットで示された和音は、アルペッジョしません。

ブラケットの代わりに、

secco

dry sec

の指示も使われます。

コメント