コード・スケール〜メジャー・キーでのダイアトニック・コード

同じコードであっても、使われる環境(ダイアトニックとして、他調からの借用として等)によって、使われる音は異なります。以下に示してあるスケール音は、あくまでもダイアトニック音を使う前提としてのココードとの関係になります。つまり、「C,C6,CM7」を使う時に可能なメロディー音やテンション・ノートは「コード音+青色のテンション・ノート」ということになり、赤色のアボイドノートは短い音価に限れば間違いないということです。

C Major Key

G Major Key

D Major Key

A Major Key

E Major Key

B Major Key

F-sharp Major Key

C-sharp Major Key

F Major Key

B-flat Major Key

E-flat Major Key

A-flat Major Key

D-flat Major Key

G-flat Major Key

C-flat Major Key

コメント